忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NINJA

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラジオキラーはドイツで人気の出た本ですが、心理学に詳しいのか、人の心理をうまく操作しているような本でした。

東野圭吾さんは理系の人で計算式のような構成の話ですが、セバスチャンは心理にも詳しいのかもしれません。

精神病などが話にも入ってくるのでそういうことに詳しいのか興味があるのかなという感じはします。







PR

セバスチャン・フィツェック セバスチャン・フィツェックの作品はおもしろく巧妙で精密な話の構造がおもしろいです。

ラジオキラーもなかなかおもしろく、話の展開があまり見えてこず、ヒントもほとんどないので一体誰が本当の犯人なのか分かりません。

ラジオ局で立てこもり事件が起こり、交渉人のイーラと犯人の交渉に始まり話が展開していきます。

何故?の疑問が常に頭の中にあるサスペンスミステリーなのでついつい夢中になってしまいます。
 
作品数はそんなに多くはありませんが、その分念入りに作品を作っているのではないかと考えられます。



ドイツでもミリオンセラーになった作品が多くあります。

読んでいるとどことなくドイツの情景が浮かんできたり、違う国の文化もほんのりと感じますし心理的な部分の割合が高いので熱中してしまいます。 日本とはタイプの違う本です。

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析